昔は近所づきあいが盛んであった

義務感は押しつけられたものだから、人の心に訴えるものが少ない。受動的な心の動きだから、どうしても弱い。その点において、願望や意思は能動的な心の動きであるから、力がある。

言い訳をしようとするときは、どうしても防御的な心理状態になりがちである。自分で自分を迫い詰めた状態のままで口を開くので、誤解の可能性が生じる。自分の願望や意思は何であったかを探って、それを表明するのだ。昔は近所づきあいが盛んであった。

  


Posted by yuka123 at 11:48Comments(0)

ヒラリー・クリントン公職復帰?

昨年の米大統領選で敗れた民主党候補のヒラリー・クリントン元国務長官は先週、公職復帰への意欲をほのめかした。

聖パトリック・デーの金曜、ペンシルベニア州スクラントンで開かれた夕食会で演説したクリントンは「森から出る準備はできている」と言った。

先週の聖パトリック・デーに演説したクリントン

クリントンは共和党候補のドナルド・トランプに敗れた昨年11月の大統領選以降、ほとんど公の場に姿を現さず、政治についての発言を控えてきた。今は「ニュースを見るのが辛い」と胸の内を明かし、こう訴えた。「アメリカは分断されている。政治的な分断は、人と人との繋がりまで引き裂いてしまいかねない」

二極化を煽るトランプ政権の下で、意見が対立する者同士が共通点を見出す余地はほとんどないように見えるが、クリントンは満員の600人の聴衆に向かって、敵味方に分かれるべきでないと言った。「政治的な考え方が自分と違うからといって、他者を無視したりすべきではない。互いの話に耳を傾けるべきだ。共に考えて、皆がより良い生活を送れるようにしなければならない」

「そのための方法を見つけよう。私の準備はできている。今日の夕食会のような草の根に光を灯し、皆の前進を後押ししよう」  


Posted by yuka123 at 15:05Comments(0)

誰でも、人にはよく思われたい

もちろん、個人的なことを長々と話していては、ひんしゅくを買ってしまう。くどくならない程度にサラッと言うべきだ。あくまでも「個人プレー」のニュアンスがあってはいけない。誰でも、人にはよく思われたい。

自分の最もよいところを見てほしいと思う。できれば、実際の自分以上の自分を演出したいと思うので、あれこれと努カする。したがって、張りつめたかたちで、自分を押し出そうとする結果になる。しかし、そのような緊張があったのでは、自分のまわりに防波堤を築いたようなものだ。  


Posted by yuka123 at 17:55Comments(0)

朝日が昇ってから三、四時間もたったころようやく起き出す


知性や心を高めることが大切だといってきかせれば、彼らもそのとおりだというなぎきはする。自分の人間性をもっと高められることを一瞬でも理解したことのある人間でさえ、何の努力もせずに利己的で社会性のない単なる動物的生活に堕落してしまうという事実は信じがたいはどだ。

毎日十時間も十二時間も寝ていて、朝日が昇ってから三、四時間もたったころようやく起き出す。午前中は鏡の前でお化粧に費やし、その後昼食のときまでらちもない訪問をする。
  


Posted by yuka123 at 11:28Comments(0)

女性に嬉しいのがきつ過ぎないさり気ない香りです。

女性に嬉しいのがきつ過ぎないさり気ない香りです。

付けた瞬間はフルーティーな爽やかさで、時間と共にジャスミンやライラックといった癒やしの香りに変化します。香水の匂いはちょっと…と思っている方でも気軽に使える程度の微香なので、お化粧直しのタイミングで、ちょっとヘアのお直しもといった感覚で使えます。

井上さん「スタイリング剤選びは、ヘアスタイルやアレンジ方法に適したものを選ぶのが最も大切です。サロンに行った際に、ヘアスタイリストに適したスタイリング剤は何か相談してから購入することをおすすめします」

milbonの「クリエイティブスタイル」シリーズはサロン専売品のため、詳しくは行きつけのサロンにてご相談下さい。  


Posted by yuka123 at 11:58Comments(0)

計画だった仕事をしていないからである

驚くほどの仕事量をこなしていながら、余暇時間もたっぷりもっている人はこのようにしているからである。たいした仕事もしていないのに、余暇時間さえ十分とれたためしがない人は、計画だった仕事をしていないからである。

そういう人は、文字どおり「無為に」暮らしているのである。ある著名なオランダの首相は、膨大な量の仕事をみごとにこなすことでも知られていた。寝っころがって、完全に怠情のとりこになっているのだ。

  


Posted by yuka123 at 14:12Comments(0)

アンネ・フランク直筆の詩、1700万円で落札


「アンネの日記(The Diary of a Young Girl)」で知られるユダヤ人少女アンネ・フランク(Anne Frank)による極めて希少な手書きの詩が23日、競売に出され、予想落札価格のほぼ3倍の14万ユーロ(約1700万円)で落札された。

 競売はオランダ西部ハーレム(Haarlem)の競売会社ブブカイパー(Bubb Kuyper)が実施。わずか2分間の激しい競りの末、オンラインで参加した匿名の入札者が落札した。

 競売にかけられたのは、1942年3月28日の日付が入った12行のオランダ語の文章で、経年で若干色あせたノートサイズの白紙に黒いインクで書かれている。

「親愛なるクリクリへ」から始まり、詩の後半4行には「他人はあなたの誤りを批判したけれど、必ず誤りを正すこと、それが答えになる」と書かれ、最後に「思い出として、アンネ・フランクより」と記されている。

 アンネは、親友の姉であるクリクリさんが所有していたノートにこの詩を書き入れた3か月後、ナチス(Nazi)から逃れるため、家族と共にアムステルダム(Amsterdam)の隠れ家で生活を始めた。  


Posted by yuka123 at 11:07Comments(0)

My Lucky Dress

 ヘレナ・ルメルスキーは「ヴェトモン(Vetements)」を手掛けるデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)の元デザインパートナー。アントワープ王立芸術アカデミーを卒業後、2007年にヴァザリアとともに「ステレオタイプス(Stereotypes)」として東京コレクションに参加し、初のコレクションを発表した。「スタートが東京だったので、私の原点はやはり東京」とルメルスキー。

9年ぶりとなる東京でのショーでは、シンプルで定番的な素材を使用しながらクチュールの仕立てを取り入れてドレスアップ。大ぶりのフリルやメッシュの組み合わせ、ドレープがモデルが動くたびに身体を包み込んだり後ろに流れるようなシルエットなど、素材使いとフォルムのバランスが際立った。コルセットドレスは柔軟性のある素材を使用し、女性を縛り付けるのではなくデイリーに着られるように製作。ドレスの内側にはラッキーなメッセージ"My Lucky Dress"のメッセージが刻まれているという。  


Posted by yuka123 at 12:41Comments(0)

迫害と差別を乗り越えて ミス・トランスジェンダーたちの「勝利」

 ミス・サハラ(Miss SaHHara)さんは、生まれる国を間違った。そして、生まれつきの体も間違っていた。

 トランスジェンダー(性別越境者)のミス・サハラさんは、母国ナイジェリアで抑圧され、自殺を図るところまで追い詰められた。そんなつらい過去を持つ彼女だが、スペイン東部コルネリャ・デ・リョブレガート(Cornella de Llobregat)で今月開催されたトランスジェンダーの美人コンテスト「ミス・トランス・スター・インターナショナル(Miss Trans Star International)」では見事ファイナリストに選出。クリーム色のドレス姿でランウェイを闊歩(かっぽ)した。

 コンテストは2010年から始まり、今回が5回目。今年のミス・トランス・クイーンにはブラジル代表のラファエル・マンフリーニ(Rafael Manfrini)さんが輝いた。もっとも、差別や抑圧に苦しんできた参加者たちにとって、優勝は二の次だったと言えるだろう。

「ここでは誰もが優勝者。私たちは人生に勝利しているのですから」。準優勝だったイスラエル代表のタレン・アブ・ハンナ(Tallen Abu Hanna)さんはそう語っている。  


Posted by yuka123 at 12:47Comments(0)

仕事柄日常でもそうしてしまう自分がいます

そして、役者をやっている時間は、自分のことだけを考えればいいから、正直すごく楽なんです。そんなこと言っていいのか、わからないけど(笑)。脚本家や演出家のときは、作品全体を引いて見るし、仕事柄日常でもそうしてしまう自分がいます。

役者として舞台に出ている間はそれがないし、ということは、あまり仕事だと思ってやってないのかもしれませんね。「容量がいっぱい」と言った宮籐さんの中身は、自分が好きなもので満杯だ。  


Posted by yuka123 at 15:44Comments(0)