仕事とは全く違う、旅の楽しみ方

仕事の旅だと、今、自分が見たものを、どのタイミングで、どのくらいの言葉の長さで伝えようか、といつも脳をフル回転しています。

プライべートの旅は、全くそんなことは考えず、「ああ、風が気持ちいいなあ」と感じたら、感じっばなしで、しばらくぼーっとしていても大丈夫(笑)。同じ旅とはいえ、全く別のものです。仕事で海外に行くことが多いので、行き先も、プライべートの旅では国内でのんびり、というのが最近の気分。中でも、一番のお気に入りは“天草”。


以前雑誌の取材で行って、独特のゆったりした空気感のとりこになり、今度はプライべートでカズちゃんと絶対に来ようと思いました。一緒に行ったら、力ズちゃんもすごく気に入ったみたい。旅館の『足のくつ』には、スべシャルゴージャスな部屋もあるそうなので、いつか特別な記念の時に泊まりたいなと思ってます。

力ズちゃんの両親との旅行もすごく楽しい!旅先で、「今度はどこに行こうかね?」と、話している時が、ほのぼのとして、家族旅行ならではの時間です。
  


Posted by yuka123 at 17:54Comments(0)

愛子さまの“華麗なるドリブル”

疾走感温れるフォームで、バスケットボールをドリブルする愛子さま。九月ニ十七日、学習院女子中・高等科の運動会に参加された。中等科にご進学後、初めてとなる運動会。六月中旬から遅刻・欠席がちとなっている愛子さまだったが、この日は時間に余裕を持ってのご登校となった。

愛子さまの運動会といえば、初等科の頃は、リレーの選手としてご活躍。ムカデ競走で負けた時には、号泣するお姿も見られるなど、大いに意気込んで参加される学校行事であった。

だが今回は、写真の「ドリブル競走」でもスタートは勢い良く飛び出されたが、折り返し地点でシュートを三、四回にわたって失敗される。「ご機嫌斜めになられたのか、後半はスピードが落ちました。若干投げやりなようにも見えました」と競技を見た学校関係者は語る。

小学校五年生からバスケットボール部で活動した愛子さまだが、大活躍とはならなかったようだ。皇太子ご夫妻はというと、本部席から競技をご観覧に。写真を撮りながら、愛娘の成長に目を細められた。中高一貫の女子校生活は、六年間続く予定だ。スポーツに、学業に、充実した日々を送っていただきたい。

  


Posted by yuka123 at 17:33Comments(0)