そのスタイルには数種類あるようです

ただ単にファッション的なブランドという意味だけではなく、それぞれの商品に芸術性を持っていること。いわば、そういった点もブランドが魅力的な理由のひとつなのだ。


高級ブランドの本場とも言える西ヨーロッパでは、年端もいかない女の子がヴィトンのバッグを持つなどほとんどない。現実は、お金持ちのマダムや年輩の女性に多いとのことだ。いわゆるブランド品ヴィトンの頑丈さは最上級だと思われます。パピヨンやロックイット、アルマ清楚で女性らしさがあり、素敵だと思います。何万円ものお金を払って高級なブランドを買うという意味は、ブランドにある歴史的な価値やイメージを身に付けることにお金を費やしている、ということにもなるのだ。

ネット通販で最大規模を誇る楽天市場はもちろんのこと、ヤフーショッピングなどでは、数多のルイヴィトンの商品がヒットします。検索の手段に気を付けることでお目当ての商品に辿り着けます。

ブランド品のバッグや財布などのアイテムは、少女向けのブランド品と比較すると、かなり高価で、ゲットするのは大変なのですが、それであってもつい欲しくなる魅力的なものです。

幅広い世代の男性が女性への大事なプレゼント用に買い求めるのは財布ではないでしょうか。女性が欲しいプレゼントの集計にいつも財布が見られるほど、財布のプレゼントというのは鉄板アイテムだといえるでしょう。通信販売でもスピーディに手に入るようになったブランドの製品ではあるものの、十把一からげに「通販」とは言えど、そのスタイルには数種類あるようです。
  


Posted by yuka123 at 11:28Comments(0)

靴を投げるときににれは別れのキスだ

 今日の『日本経済新聞』タ刊の記事によると、このイラク人記者はイラク資本の放送局の力イロ駐在員で、靴を投げるときににれは別れのキスだ。おまえは犬だ」と叫んだという。

 また今朝、NHKの衛星放送経由で流れた英BBCニュースによると、この記者は一度イラク国内で拉致されて拷問を受けた経験があるという。

 また、『朝日新聞』のタ刊によると、この記者が叫んでいたアラビア語は「別れのキスだ。犬め」「夫を失った女性、親を失った子どもたちからの贈り物だ」という意味だったらしい。とにかく、イラク戦争を端緒とした永年のアメリカ軍支配に対する人々の不満を、象徴的に表した出来事だったといえる。

ジャーナリストは第一に、“客観的映像”や“客観的記述”で物事のJ44目を人々に伝える義務がある。またそれを基礎として、自分の考えや意見を述べることも許される。

 しかし、ジャーナリスト本人が“報道される対象”|こなることで自分の意見を表明するという方法だ。あまり見聞したことがない。これは「グリーンビース」のような環境運動の“過激派”がよく使う方法だ。

 しかし、一つ間違えば、客観性を無視して事件を捜造することにつながるから、ジャーナリストとしては“禁じ手”である。恐らくこのイラク人記者は、それを承知でこの行為に及んだのだ。我々はそこから、今のイラク人の心境を推し量ることができるだろう。  


Posted by yuka123 at 12:29Comments(0)

ロサンゼルス市といえば

 ロサンゼルス市といえば、郊外のガーデナに生長の家のアメリカ合衆国伝道本部がある。勅使川原淑子・教化総長から17日朝(日本時間)にもらった報告では、伝道本部では16日の日曜日に役員改選を行う予定だったが、難しい情勢という。

同本部のウ工ダ理事長の住む家はブレア(Brea)という所にあり、火事があった高速道路の反対側にあったため、風向きしだいでは危険となる。このため、理事長のこ主人は自宅で待機し、理事長だけが伝道本部に出てきたという。また、地方講師会長のミズ夕二氏はコロナ(Corona)という所に住んでいるが、この自宅とは電話連絡がとれないそうだ。また、アナハイム(Anaheim)、サンタアナ(Santa Ana)、ヨーバリンダ(Yorba Linda)に住む幹部との電話連絡もとれないでいる。

プラトンに住む幹部からは、「空から灰が降っているし、空気はきな臭く、交通が渋滞している」との情報が寄せられた。また、ローランド・ハイツ(Rowland Heights)の幹部からは、「火事はかなり迫っているが避難命令はまだ出ていない」という報告があったという。

同教化総長から送られてきた地図をここに掲げるが、中央右寄りにあるビンク色の領域は山火事を表し、その西側の青い部分が避難地域、赤い十字型は幹部の住む場所を表している。また、地図の左端にある(SNI」という赤文字は伝道本部の位置を示している。山火事は鎮火の方向へむかっているというが、幹部・信徒に被害がないことを祈っている。  


Posted by yuka123 at 13:07Comments(0)

テレビドラマ『おしん』は中国で流行ってもフランスではウケない!?

パリに住み始めた頃、つまり今から7年ほど前、お仕事でお世話になったパリ生まれパリ育ちの日本人青年と話をしていて驚きました。

どうしてそのような話になったのかは忘れてしまったのですが、彼が、「『我慢』という単語はフランス語にはありませんよ」と。確かに私の持っていた和仏辞書には「faire effort」(フェールエフオー)と書かれていましたが、これは「我慢」と訳すより「努力をする」と訳すほうが的確でしょう。他にも辞書には「我慢」に相当する単語や言い回しがいくつかあるのですが、日本人の精神に根ざしているニユアンスとは違うようです。つまり、「我慢」という、日本人であれば誰でもわかる感覚が、フランス人にはいったいなんであるのかわからないということになるのです。

私が出産した時のエピソード。分娩室で陣痛の痛みに耐えていました。当然ですよね。私の中では、痛いから声をあげるなんていう考えは毛頭なく、「くぅ~」と声をもらしながら、時折、そばにいる彼に「痛いよ~」と訴えながら、ひたすら我慢をしていました。声をあげない私に助産婦さんたちは、まだ痛くないのだと思っていたのでしょう。Ca Va?」(サバ?¥=大丈夫?の意味)と聞かれても、ついつい「ウイ、サバ(ええ、大丈夫よ」と答えてしまう私。そこに担当の先生が人ってきました。ずっと私を診察して下さっていたその男性の先生は「まったく、エリコ~。痛いならいわなきゃダメだよ。

本当に日本人は“これ”なんだから」と。ちなみに“これ”といった時に、先生はタオルを噛み締めて、必死に耐えている形相をしてみせました。出産後もこの話題になったのですが、その先生の日本人に対するイメージは“これ”だったようです。痛いなら痛いというのが当たり前。小さい痛みだろうが、大きい痛みだろうが、です。

それがフランス人。「我慢する」ことは、痛みに限らず、あらゆる場面で生じます。  


Posted by yuka123 at 11:13Comments(0)