神戸の魅力

涼しい秋がやってきましたね。今日は港の街、兵庫の魅力を紹介させて頂きます。関西は、その土地がそれぞれ「独立した魅力を持っていること」が素敵ですよね。例えば、大阪だったら「食い倒れ」「商人の街」、京都だったら「古都」の様なイメージでしょうか。関東が「東京以外はベッドタウンのイメージ(それも、横浜以外」がはっきりとした固定イメージがあることに対し、関西は実に個性的で、本当にたくさんのイメージがあることが解りますよね。そんな、関西における神戸の魅力について、お話をしてみたいと思います。

○神戸はとにかくお洒落なイメージ
神戸は、関西の中でもとってもお洒落なイメージ。関西の主要都市と言えば「大阪」ですが、大阪はどちらかと言えば「食い倒れ」「商人の街」と言うイメージ。恐らく、だから神戸が「お洒落な街」というイメージなのでしょう。ファッション雑誌を見ても、「お洒落な街」と言えば、大阪ではなく神戸がクローズアップされることが多いです。確かに、神戸にはお洒落スポットがたくさんありますので、「お洒落スポット」として有名なのもうなづけます。お洒落な街だからこそ、関西の中でも住まいを「神戸にしたい」と考える人がいるほどですので、ぜひとも神戸の魅力について考えてみて下さい。

○上品なファッションの人が多い
大阪だと、個性重視の服がたくさん販売されているのですが、神戸ではその様なことがありません。
「シンプルだけど、一目で上質とわかるようなファッション」が人気です。形がきれいだったり、生地がとてもいいものだったり・・・というのが神戸ファッションのコツ。この点で、大阪とは大きな違いがあると考えて良いでしょう。

○食事がおいしいです
関西の中でも、他に先駆けて色々な食べ物の輸入を行っていた神戸では、たくさんの「おいしいスポット」に出会うことができるでしょう。例えば、海外の人だとパンケーキを朝食にすることが多いですが、神戸ではそんな文化が根付いており、朝食にパンケーキを食べるところも多いのです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。