愛子さまの“華麗なるドリブル”

疾走感温れるフォームで、バスケットボールをドリブルする愛子さま。九月ニ十七日、学習院女子中・高等科の運動会に参加された。中等科にご進学後、初めてとなる運動会。六月中旬から遅刻・欠席がちとなっている愛子さまだったが、この日は時間に余裕を持ってのご登校となった。

愛子さまの運動会といえば、初等科の頃は、リレーの選手としてご活躍。ムカデ競走で負けた時には、号泣するお姿も見られるなど、大いに意気込んで参加される学校行事であった。

だが今回は、写真の「ドリブル競走」でもスタートは勢い良く飛び出されたが、折り返し地点でシュートを三、四回にわたって失敗される。「ご機嫌斜めになられたのか、後半はスピードが落ちました。若干投げやりなようにも見えました」と競技を見た学校関係者は語る。

小学校五年生からバスケットボール部で活動した愛子さまだが、大活躍とはならなかったようだ。皇太子ご夫妻はというと、本部席から競技をご観覧に。写真を撮りながら、愛娘の成長に目を細められた。中高一貫の女子校生活は、六年間続く予定だ。スポーツに、学業に、充実した日々を送っていただきたい。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。