青色LEDでノーベル賞

エネルギー分野で功績のあった研究者をたたえるロシアの「グローバルエネルギー賞」委員会は23日、青色発光ダイオード(LED)開発で知られる中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)=米国籍=らを2015年の同賞に選んだと発表した。中村氏は14年のノーベル物理学賞を受賞した。

 授賞式は6月19日、ロシア第2の都市サンクトペテルブルクの国際経済フォーラムで、プーチン大統領が出席して行われる。大学によると、中村氏は「青色LEDをめぐる業績が認められてうれしい」とコメントした。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。