朴氏 支持急上昇49% 

韓国ギャラップ社が28日に発表した世論調査結果によると、朴槿恵(パククネ)大統領の支持率が前週より15ポイント急上昇して49%となった。北朝鮮による地雷爆発事件への強気の対応が評価された形。朴政権は低迷していた支持率の回復で余裕ができ、慰安婦問題などの対日外交で強硬姿勢を見せる可能性がある。

 爆発事件で朴政権は11年ぶりに対北宣伝放送を再開し強硬姿勢を見せた。南北高官会談で北朝鮮から「遺憾」表明を引き出し、軍事衝突を回避した。25~27日に成人約1000人への電話調査で「支持する」との回答は49%。「不支持」(44%)を10カ月ぶりに逆転した。評価理由は「北朝鮮に対する安保政策」が38%で最多となった。

 南北高官会談は65%が「よくやった」と評価。北朝鮮が今後、当局者間対話の推進などの合意内容を守るかどうかは、69%が「守らない」と予想した。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。