昔は近所づきあいが盛んであった

義務感は押しつけられたものだから、人の心に訴えるものが少ない。受動的な心の動きだから、どうしても弱い。その点において、願望や意思は能動的な心の動きであるから、力がある。

言い訳をしようとするときは、どうしても防御的な心理状態になりがちである。自分で自分を迫い詰めた状態のままで口を開くので、誤解の可能性が生じる。自分の願望や意思は何であったかを探って、それを表明するのだ。昔は近所づきあいが盛んであった。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。