服を売るならやっぱり中国?

博報堂生活綜研(上海)が12月20日、「新しい『文化消費』を生み出す生活者たちとその欲求」をテーマに中国生活者の消費動向の研究結果を発表した。

同社は、現在中国国内に3.2億人いると推測されている新中流層の文化消費に着目。今年10月に中国伝媒大学広告学院と共同で、文化消費に関する意識行動調査を中米日3カ国に住む20〜59歳の男女を対象に実施した。

 その結果によると、中国では8割超が4〜5年前に比べて物質的に暮らしが豊かになったと回答した一方で、米国と日本は5割弱に留まった。「衣」に関心・興味を持ってる人は中国で96%にのぼり、米国の49%、日本の54%と比較して高い数値を記録。また、「食」においては98%、「学び」では91%、「スポーツ」では88%と、いずれも日本や米国よりも高い興味があることが示された。

 今回の調査結果から、「文化消費」を支えている多くの生活者には自分の好きなことを伸ばし「自分らしさ」を獲得していきたい、また文化に触れることによって「感情・知性の質」の広がりである「余」を得たい、「楽」しみたいというおおもとの欲求があると考え、その欲求を「余楽」という造語のキーワードで表現した。



Posted by yuka123 at 18:55│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。